ユニットヒータ

ユニットヒータとは

ユニットヒータは、蒸気または温水を熱源とし、コイルで暖めた空気を効率の高い有圧プロペラファンによって下方向、または横方向に送風することで、居住域や生産プロセスの現場の暖房を行う装置です。

工場・倉庫・体育館・展示場などの居住域用暖房装置として、また流通倉庫・温室・工場・乾燥室などの加熱・乾燥用生産プロセス装置としても幅広くご利用いただけます。(加熱・乾燥用は耐熱型をご利用ください。)

ユニットヒータの活用性

  1. 全スペースヒーティング

    工場全体を暖房する最も一般的な方法です。暖房時は、吹出温度が高いほど空気の浮力が増大し、温風の到達距離が短くなります。そのため居住域の温度があまり上昇せず、床面付近と上層部との温度差が大きくなります。設計に当たっては、ユニットの設置高さに応じた最適な蒸気圧力や温水温度の選定が必要です。

  2. 部分スペースヒーティング

    広い工場の一部分のみを暖房する方法です。スポットヒーティングよりやや広い場所を暖房する方法です。暖房を必要とするスペースの上方にユニットヒータを設置するだけでは十分ではありません。これはユニットの無いスペースからの風が流れ込んでくるためです。部分スペースヒーティングを完全に実施するためには、暖房を必要とするスペースの周囲に間仕切りを設け、強い風を吹き降ろすように設計してください。

  3. スポットヒーティング

    居住域に直接温風を吹き出す方法です。取り付け高さに応じた機種を選定してください。この場合は必要到達距離の1.5倍を目安に機種を選定し、ルーバにより空気流を調整してください。

ピックアップコンテンツ