ファンコイルユニット(FCU)

ファンコイルユニット(FCU)とは

一般的に、熱交換器(コイル)・ファンモータユニット・エアーフィルタで構成されたものをいいます。必要量の外気は空調機(AHU)にて調和処理を行い室内に供給し、ファンコイルユニットは主に室内側の温度調整用として用いられます。また、室内側の温調は空調機(AHU)が行い、ペリメータゾーンの負荷処理を行なうためにファンコイルユニットが使用される場合もあります。

2管式とは

本体に熱交換用のコイルを1台組み込んでおり、必要に応じて冷水と温水を切替えて供給し温調するタイプ。

4管式とは

本体に熱交換用のコイルを2台組込んでおり、それぞれに必要に応じて冷水と温水を供給し温調するタイプ。個々の機器で自由な温度設定が可能であり、また精度の高い個別空調が可能です。

地球環境対応

省エネモータの採用で消費電力を約1/3に節減!!(当社比)

省エネルギー化の推進により環境への負荷を低減することは、オフィスや店舗、工場、学校、病院などで、ますます重要になっています。こうした要請に応え、環境負荷低減を追求して開発したファンコイルユニットです。省エネモータの採用により、従来品比で65%もの消費電力削減を実現。なお、当製品ではカセット形のCPM型と、天井吊り隠ぺい形SCRM型、床置隠ぺい形SFRM型、床置露出形SFM型を用意しました。

従来型製品と環境負荷低減型製品の比較

従来型製品と環境負荷低減型製品の比較

環境負荷低減型ファンコイルユニットは、省エネモータ(DCブラシレスモータ)の搭載により、空気搬送動力を従来品ファンコイルユニットに比べ、65%節減します。(当社比) この省エネ効果をCO2排出量に換算すると1台あたり年間約110kg削減となります。

ランニングコスト比較
風量/消費電力比較

ピックアップコンテンツ