CSR活動-ESGとSDGsへの取り組み-

ESGとSDGsへの取り組み

SINKOグループは、『Conditioning Future』というスローガンのもと、CSR活動を長期的視野から総合的に推進するため、近年社会的関心が高まっているEnvironment(環境)Social(社会)Governance(ガバナンス)に配慮した活動を行っています。また、2030年に向けての国際社会共通の目標である「持続可能な開発目標」(SDGs:Sustainable Development Goals)を意識した、社会課題の解決に取り組んでいます。

SDGsとは

2015年9月、「国連持続可能な開発サミット」が国連本部において開催され、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。

このアジェンダは、人間、地球および繁栄のための行動計画として、宣言および目標を掲げました。この目標が、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」であり、『誰一人として取り残さない』世界を実現しようという取り組みです。

SDGsに関する詳細は以下をご覧ください。

環境(Environment)

環境(Environment)〜快適環境の創造〜

当社は事業ドメインである『快適環境の創造』を実現すべく、人や工業製品などに、快適な環境を提供しています。
消費電力を削減できる省エネ製品や、自然エネルギーを利用した製品の開発などを通じて環境負荷の低減に努めてまいります。
また生産活動の現場においても、LED照明の導入をはじめとした環境負荷低減対策を実施しています。

社会的課題 SINKOの取り組み SDGs目標
環境への取り組み 製品を通じた環境負荷低減 地球温暖化が進む中、当社では社会的要請である環境負荷低減のため、消費電力を削減できる省エネ製品や、使用材料を削減するなど、CO2排出量を削減する環境に配慮した製品を提供しています。
エネルギー資源の有効活用省エネへの対応 製造現場での省エネ型製品の導入や、オフィス等での環境物品等(グリーン購入品)の採用を通じて、省エネに配慮した事業活動を行っています。

社会(Social)

事業における社会貢献の一例として株主優待制度が挙げられます。当社の株主優待制度である「ギフト・セレクション」には、社会貢献ギフトを含んでいます。当制度を通じて国連WFP協会およびユニセフへ、それぞれ食糧支援、子どもへの教育支援をサポートする寄付コースを設けました。株主様がご選択された寄付と合わせ、お申込を頂かなかった株主様の優待品相当額を寄付させていただきました。
また、働きやすい環境整備による女性の活躍推進、そしてダイバーシティを推進するための、優れた職場環境の提供及び教育研修制度の充実にも努めています。

社会的課題 SINKOの取り組み SDGs目標
社会への取り組み 地域社会の発展・社会貢献活動 未来を担う子供たちに教育の場を提供するために、近隣の小学生を研究所・工場に招き、体験学習を実施しています。日ごろ経験できないような体験を通じて、「見て・聞いて・感じて」もらえる学びの場を提供しています。
学生向けに、キャリア教育および教育支援の一環として、工場や研究所などを案内し就業体験をしてもらうインターンシップを実施しています。
株主優待の優待品に「社会貢献ギフト」を含んでいます。寄付コースをお申し込みいただいた株主様および優待品をお申し込みいただかなかった株主様の優待相当金額を、株主様に代わり日本ユニセフ協会および国連WPF協会に寄付させていただきました。
人材への取り組み 人材育成 「企業は人なり」の理念のもと、様々な側面から社員の能力開発に取り組んでいます。新入社員から管理職まで、従業員一人ひとりが自ら学び、成長できるよう、多様な研修の充実を図っています。
すべての人が安全で働きやすい職場の確保 ワーク・ライフ・バランスの実現を通じて、多様な人材が心身ともに健康な状態で活躍できる職場づくりに取り組んでいます。取り組みとして、社員の仕事と生活との両面を支援していく制度を多数導入しています。

ガバナンス(Governance)

ガバナンス(Governance)〜監査等委員会設置会社への移行〜

データ改ざんや偽装問題などの企業不祥事が社会問題となるなか、当社は監査等委員会設置会社へ移行することにより、企業のガバナンス体制の強化を図っております。また、取締役への実効性評価等を通じて、取締役会の監督強化をすすめております。
また、すべての労働者の権利を保護し、安全・安心な労働環境を促進するために、社員へのコンプライアンス教育にも注力しています。

社会的課題 SINKOの取り組み SDGs目標
ガバナンスの強化 「CGコード」に則ったコーポレート・ガバナンスの推進 当社は「監査等委員会設置会社」を採用し、取締役会の監査・監督機能の強化とコーポレート・ガバナンスの一層の充実を図っています。また、取締役会の実効性確保・向上のために、取締役会の実効性に関する分析・評価を実施しています。
コンプライアンスの徹底 当社は、SKグループ企業倫理相談窓口規程を制定し、組織的または個人的な法令違反行為等に関する相談や通報に対する適正・適切な処理の仕組みを定めています。
また、コンプライアンスに関する通報窓口として「SKグループ コンプラほっトライン」を設置し、当社グループ会社の社員等から法令違反や内部規程違反となる行為等に関する相談や通報を受け付けています。
リスク管理の強化 当社は、リスク管理体制の維持・強化を目的として、社長が統括する「リスク管理委員会」を設置しています。同委員会では、各委員がそれぞれが所管する事業領域におけるリスク情報に細心の注意を払い、リスクが具現化する前にリスク情報を把握し、遅滞なく委員長に報告する体制を整えています。
情報セキュリティの強化 会社保有情報の適切な活用・保全・運用のために、情報セキュリティ管理室を設置し、全社的な情報セキュリティ管理を実施しています。
また情報セキュリティチェックシートを用いて、グループ全体の情報セキュリティに対する教育を行い、持続的なセキュリティ対策を実施しています。