CSR活動-社会貢献-

「芸術・文化・教育」や「環境保全」において、事業や地域活動を通じて社会に貢献できるよう取り組んでいきます。

学生を対象とした工場見学

こども体験学習

 毎年行われている秦野市こども健康部主催の「はだのこども館夏休み企業体験学習」で、今年度も小学生15名と保護者10名を、テクニカルセンターと神奈川工場にて受け入れ、工場見学や「見て・聞いて・感じて」をテーマに体験学習していただきました。
 工場見学時には、少し緊張した面持ちでヘルメットをかぶって大人しくしていた子供たちも、体験学習で風速30m/sを体験する頃には大はしゃぎで楽しんでくれたようです。
 市が体験学習の最後に実施したアンケート結果では、「大変楽しかった」「楽しかった」が大部分を占め、今回も大変好評だったようです。

体験学習の説明

風速30メートル/秒を体験

音の響かない部屋を体験

平塚中等教育学校2年生体験学習

 神奈川県立平塚中等教育学校2年生18名を、キャリア教育の一環として行われている「かながわ探求工場訪問」として、今年度もテクニカルセンターと神奈川工場にて受け入れました。      
 工場見学や座学では、モノづくりの面白さ・素晴らしさ・厳しさを伝え、体験学習ではテクニカルセンターにある設備を駆使して色々な体験をしてもらいました。
 疑問や質問コーナーでは、「やりがいを感じるときはいつですか?」や「生産効率改善のために何をしていますか?」「今後の課題は何ですか?」など、沢山の質問をいただき出来る限り回答いたしました。

「モノづくり」の考え方を説明

風速30メートル/秒を体験

超高周波の音が聞こえるかを体験

大学生のSINKOテクニカルセンター・工場見学

 2018年3月、関東在住の大学生8名を対象に、空調業界・ものづくりへの理解を深めてもらうために、SINKOテクニカルセンターおよび新晃空調工業神奈川工場の見学会を開催しました。
 製品開発のための実験や、空調機の製造プロセスについて紹介し、ものづくりの面白さや大変さを実感してもらいました。

研究施設・工場を見学した学生の感想

最先端の空調研究施設には、今まで存在さえ知らなかった設備があり、特に半無響室は新鮮で驚きました。工場では、形も大きさも異なる製品がひとつひとつ組み立てられていて、製造現場のスケールとプロの仕事ぶりに圧倒されました。改善を重ね、練り上げられた生産方式について学ぶこともできました。

インターンシップ学生の受け入れ

異業種交流インターンシップの実施

 大学3年生を対象に8社共同でインターンシップを実施しました。異業種インターンシップと題し、仕事の「やりがい」や「苦労話」を従業員の実際の経験談を通して、仕事に対する姿勢や働く事への意識付けを行いました。
 また、新晃アトモスの施設を利用し、実際の空調機器を使っての風量測定実験などさまざまな実験も行い、普段出来ない貴重な経験をしてもらいました。

インターンシップ実施風景

インターンシップ実施風景

1DAYインターンシップの実施

 SINKOグループの取り組みを学生に理解してもらうため、新晃工業と新晃アトモス共同で1DAYインターンシップを実施しました。
 2017年12月から2月にかけて計5回、30名の学生を受け入れました。ものづくりの楽しさや安全に安心して快適に使ってもらうためのメンテナンスの重要性などを理解し、有意義な一日となりました。

空調機実機の見学風景

モーターの分解作業の様子

京都産業大学「企業人と学生のハイブリッド授業」

 学生と若手社員の育成という、企業・大学双方にメリットをもたらすことを目的とした新しいかたちの人材育成プログラムに参画しました。
 若手社員はリーダーシップを発揮し、学生にリアルな仕事の問題解決に挑んでもらいました。

学生振り返りアンケート抜粋

上手くいかないこともありましたが、チームとして最後までやり抜くことができて良かったと思います。このプログラムを通して自分の足りない能力や伸ばしたい能力を見つけることができました。

地域社会への貢献

豊かな社会づくりと持続可能な発展のため、当社は地域社会に根付いた社会貢献活動を積極的に行っています。

企業献血の受入れ

 当グループでは社会貢献活動の一環として、企業献血を行っています。
 今年度もテクニカルセンター、岡山工場、神奈川工場で企業献血を行いました。

神奈川工場・献血受付の様子

神奈川工場・献血車内の様子

千代田ビル管財は道路清掃活動を行っております

 千代田ビル管財では、平成27年1月より、月曜日から土曜日の早朝、最寄駅である茅場町駅の周辺道路と会社周辺を清掃しております。周辺地域の美化につながるよう今後も積極的に清掃してまいります。

全国交通安全運動 街頭活動

 千代田ビル管財は、毎年、春と秋に実施されている全国交通安全運動に参加しています。
 大勢の社員を街頭活動に参加させ日本橋周辺の交通事故防止に貢献しております。

テクニカルセンター内の自動販売機を募金型に変更

 テクニカルセンター内の自動販売機を2017年3月より募金型に変更しました。
 この自販機の収益金は「赤い羽根共同募金」に寄付され、地域の社会福祉活動に使われます。

募金型自販機

赤い羽根ラベル