デシカント除湿機・空調機産業用低露点除湿空調機 デシコンドライ SDD型

温水レベルの再生熱源で低露点環境を実現。

確かな除湿性能とともにCO2排出量の大幅な低減を実現。

利用施設

  • 工場
  • 倉庫

特徴

これまで、超低露点(低湿度)環境づくりには、高温再生が必要なシリカゲルやゼオライトが乾燥剤として用いられ、ボイラーなどの燃焼型熱源やエネルギー効率の低い電気ヒーターでつくる140℃以上の高温空気が不可欠であり、燃焼にともないCO2やNOxが発生。しかも、ロータ内の温度差が120℃以上になり、熱の持込や伝熱によるエネルギーロスが生じていました。また、デシコンドライは、デシカントロータに65℃程度の温風で再生できる高分子収着剤を採用。ヒートポンプや工場排熱が利用でき、また温度差が小さく熱損失が少ないためエネルギーロスが少ないことも特長のひとつです。
デシコンドライを再生する
映像で紹介しています。バナーをクリックして下さい。

システム

デシコンドライ システム例

デシカントの再生熱源に工場生産時に発生する排熱を利用します。
加熱源がまったくない場合でも使用可能です。

冷熱源に冷凍機、加熱源に温水ヒートポンプを使用します。
露点温度が低い室内空気を還気として循環させ、低露点を実現しました。

熱源に冷温水同時取出ヒートポンプを使用します。
冷水・温水を同時に使用するため、無駄がありません。

ピックアップコンテンツ