ESG / CSR-トピックス-

国連WFP協会・日本ユニセフ協会に総額¥1,919,000を寄付しました。

 新晃工業では、株主優待の優待品に「社会貢献ギフト」を含んでおります。寄付コースをお申し込みいただいた株主様および優待品をお申し込みいただかなかった株主様の優待相当金額を、株主様に代わり国連WFP協会および日本ユニセフ協会に寄付させていただきましたのでご報告申し上げます。

【国連WFP協会への寄付】

国連WFPは、世界で9人に1人を苦しめている飢餓をゼロにしようと活動する国連の食糧支援機関であり、その活動により2020年にノーベル平和賞を受賞しています。同団体の活動に賛同し、食糧支援活動に寄付させていただきました。

日時:2021年3月2日(火)
場所:国連WFP協会

国連WFP協会より感謝状を受領しました。

左:国連WFP協会 事務局長 鈴木邦夫様
右:当社 代表取締役副社長 CSR委員会副委員長 青田徳治

 

国連WFP協会 感謝状

【日本ユニセフ協会への寄付】

ユニセフ支援ギフトの一つである「箱の中の学校」と呼ばれる、教育支援キットを寄付させていただきました。「箱の中の学校」は、ノート、筆記用具、チョーク、石板、算数用教材、地球儀など先生と生徒40人のための教材と学用品がメタルケースに入った教育キットです。どんな状況下にあっても、未来を担う子どもたちに貴重な学びの場を提供します。

日本ユニセフ協会より感謝状を受領しました。

日本ユニセフ協会 感謝状

 

「箱の中の学校」
©UNICEF/UNI178509/Blair
提供:(公財)日本ユニセフ協会

「おおさかストップ温暖化賞 特別賞」を受賞しました。

 令和2年度おおさかストップ温暖化賞(※)において、当社新社屋SINKO AIR DESIGN STUDIOが「特別賞(愛称:“涼”デザイン建築賞)」を受賞いたしました。3月29日に行われました表彰式では、設計・施工者である株式会社竹中工務店様と、建築主である新晃工業株式会社に表彰状が授与されました。

審査講評は下記の通りです。
【ヒートアイランド対策の取組概要】
➣ エントランス・車寄せを大きなピロティとし、歩行者空間の暑熱環境を緩和している。
➣ 2階屋上に高さ4mのソヨゴを配置している。   
➣ 2温度帯熱源の水噴霧により、排熱を低減している。

※おおさかストップ温暖化賞:
事業活動で排出される温室効果ガスや人工排熱の抑制、電気の需要の平準化について、他の模範となる特に優れた取組みをした事業者又は事業所を表彰する顕彰制度。

▲表彰式の様子(大阪府広報担当副知事「もずやん」とともに)
左:株式会社竹中工務店 大阪本店 設計部  阿部 敬一様
右:当社 執行役員 大阪支社 営業開発部 部長 稲川 健

 

▲表彰状

病院や介護施設の細菌・ウイルス対策に「健康空調®」

 病院内の安全をどんなに徹底しても、外来患者などから持ち込まれてしまう細菌やウイルス。
 新晃工業の健康空調®は強力な紫外線(UVC)の照射により浮遊細菌やウィルスを除去し、クリーンな空気を再供給。安心・安全の院内環境づくりに貢献します。