CSR活動-環境保全-

地球環境・地域環境保全活動を事業経営の最重要課題として位置づけ、積極的に推進していきます。

ISOへの取り組み

 お客様に満足いただける高品質な製品を提供することと地球環境との共生を両立していくことは、いまや企業に課せられた責務です。当社は環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001を2006年、品質保証の国際規格ISO9001を1998年に取得しており、環境性能と高品質を両立した製品づくりを行っています。

環境方針の要旨

基本理念

 当社は、「地球資源が有限であることを認識し、環境汚染の予防に永続的に配慮していく」ことを重要経営課題のひとつとして捉える。そして、事業活動【空気調和機器・暖房用機器・空気清浄機器の設計・製造・販売】と地球環境の調和を目指して全社員が環境問題に積極的に取り組む。この取り組みを継続的に改善して社会の発展に貢献し、環境保全に配慮した事業活動を展開する。

環境方針
  1. 1. 事業活動において生じる環境への負荷を抑制するために、環境マネジメントシステムを構築・運用・維持し、継続的改善を図る。

  2. 2. 環境保全活動を適正に実施するために、環境に関連する法令、条例及び当グループが同意する業界基準、地域住民協定、顧客の特記仕様等の要求事項を順守する。

  3. 3. 事業活動にあたって、資源およびエネルギーの有限性を深く認識し、それらを効率的に利用し、環境負荷の低減と環境汚染の予防に努める。

  4. 4. 社員一人一人が、環境保全活動の重要性を自覚し、社員全員で組織化して技術的・経済的に可能な範囲で継続的に取り組み、常に意識と知識の向上に努める。下記の課題に取り組み、環境保全活動を実施する。また、協力会社及び供給者に対しても理解と協力を求める。

     ①資源の有効利用 ②地球温暖化の抑止 ③環境負荷の軽減

  5. 5. この環境方針は文書化し、組織で働くまたは組織のために働くすべての人に周知すると共に、当グループのホームページにて公表する。

品質方針

省エネ・環境対策を目指したものづくり

 業務用空調機のリーディングカンパニーである当社は、環境問題に対して積極的な取り組みを行なっています。
いま空調機メー力ーは、どういう姿勢に立つべきなのか。環境をどのように考えなくてはならないのか。まず最初にやらなくてはならないことは何なのか。さまざまな試みを当社は重ねてきました。

新ファンコイルユニット(天井カセット形・天井隠ぺい形)

 省エネルギーと工事の簡略化を目的に、送水量を低減したハイテンプ型(大温度差)を加えた新ファンコイルユニットシリーズをリリースしました。
 水温差を大きくすることで熱源の運転効率が上がり、且つ熱搬送動力(低水量)も低減できるので省エネになります。更に水量が減ることで小口径配管が使用できるので工事の簡略化が図れます。

「SINKOクライマトーン」シリーズを開発

 SINKOクライマトーンはパッシブタイプとアクティブタイプがあります。特にパッシブタイプはファンが必要無い為、モーター動力が不要です。

パッシブタイプ

アクティブタイプ

パッシブタイプの設置例

空調機内の室内灯をLED化

 これまでの蛍光灯・白熱灯に変えて、LEDを標準採用することで、消費電力低減と長寿命化を実現しました。

送風機ランナは自社内製作。仕様に合わせて最適化するオーダーメイドランナ方式

 ダブルプラグファンおよびプラグファンは、自社内で設計・製造する体制を確立。
 しかも高効率運転実現のために、現場仕様ごとに風量と静圧に基づいて都度設計するオーダーメイドランナ方式を採用。仕様に合わせてひとつひとつ設計・製造します。これによりランニングコストに関わる軸動力を大幅に低減します。また、主要部品であるパネル、ファンガイドなどの製作、および各部位の塗装なども自社で行い、高レベルでの品質の安定と、リードタイムの短縮を図っています。

外装パネルにノンフロン発泡(硬質ウレタン発泡)を使用

 外装パネル断熱材として、オゾン層を破壊し、地球温暖化をまねくフロンガスは使わず、地球温暖化への影響も極めて少ないノンフロン硬質発泡ウレタンフォームを使用しています。

メインフレームにはステンレスフレームを採用

 ステンレスメインフレームの採用により、外部からだけでなく、湿度の高い機内の錆の発生を抑え、高い耐食性と長寿命化を実現。また、ステンレスフレームの接合は溶接をしないため、溶接工程での有機系ガスが減少し、塗装箇所も大幅に減少しています。

新晃アトモス本社ビル屋上緑化

 ヒートアイランド現象解消に貢献することを目指し、屋上に芝を植えています。

工場 天井灯LED化

 工場では天井灯のLED化を進めており、2017年度は岡山工場で28灯の天井灯をLED化しました。
 エネルギー使用量及びCO2排出量の削減に貢献するとともに、作業者からも工場が明るくなったと好評です。

フォークリフトを電気式に順次入れ替え

 工場では環境負荷低減のため、エネルギー効率の良い設備の導入を推進しています。
 岡山工場では、フォークリフトを順次ガソリン車からバッテリー車に入れ替えています。
 2017年度までに全てのフォークリフトがバッテリー車となり、岡山工場のガソリン使用量は、取り組みを始めた6年前の約16%にまで減少しています。