空気調和機(AHU)
システム
VCマルチ

冷媒自身が自動的に自然循環する、冷媒自然循環システム。

VCマルチは、冷媒R-134aの気化と液化にともなう潜熱の移動を利用して効率良く冷暖房を行う空調システムです。
しかも冷媒の搬送は、冷媒目身の気体と液体の比重差による自然循環で行われるため、動力を必要としません。

利用施設

  • オフィス

特徴

  • 二次側のポンプ動力をゼロにするすぐれた省エネルギー空調システム
  • 冷媒・R-134aは、オゾン破壊係数ゼロ
  • 氷蓄熱、地域冷暖房、吸収式などの熱源が自由に選択可能
  • 水を使用していないので金属腐食・漏水災害の不安を解消
  • ボイラ室・冷凍機室が不要
  • 4管式空調による理想的な空調を実現
  • 設計の自由度が高く、更新需要にも対応
  1. 屋上に配置された凝縮器1に冷水5を供給し、冷媒を冷やして液化(凝縮)させます。
  2. 液化した冷媒は、液側配管2を通って下方の室内ユニット3へと自重で自然に流れ込みます。
  3. 室内ユニット3で室内空気と熱交換し、熱を奪ってガス化(蒸発)します。
  4. ガス化した冷媒は、液とガスの比重量差によってガス側配管内4を上昇し、再び凝縮器に入り、熱を与えて液化します。
  5. さらに、自然循環の冷房サイクルを繰り返します。
  1. 下部に配置された蒸発器6に温水10を供給し、冷媒を温めてガス化(蒸発)させます
  2. ガス化した冷媒は、ガス側配管7を通って、液とガスの比重量差により上方の室内ユニット8へと流れ込みます。
  3. 室内ユニット8で室内空気と熱交換し、熱を与えて液化(凝縮)します。
  4. 液化した冷媒は、自重により液側配管内9を通って再び蒸発器。6に自然に流れ込み、冷媒は温められてガス化します。
  5. さらに、自然循環の暖房サイクルを繰り返します。

冷却専用「VCマルチ」フリークーリング・冷媒自然循環システム

新晃工業の独自技術で実現した、
自然エネルギー利用型空調機

冷媒回路にコンプレッサ不要

冷媒は比重差で自然に循環するためにコンプレッサは不要です。搬送動力を大幅に低減し、長寿命化が図れます。

フリークーリング機能

外気か顕熱だけを取り出すフリークーリング方式を併用しているため、寒冷地ほど高い省エネルギー効果を発揮。24時間空調時には夜間低温にも効果的に活用できます。

外気による塵埃の増加を抑制

直接に外気を取り入れないため、海塩粒子などの外気塵埃の影響を受けず、フィルタ負荷を軽減。またダクトスペースが要らず、ルート確保が容易のため局所の外気冷却に特に有効です。

外気冷房時にも室内温度を下げない

乾燥時でも外気顕熱だけを利用するため、絶対湿度を維持し加湿負荷を軽減します。

冷媒回路の故障や事故はごくわずか

冷媒は自己の状態変化で循環するため、コンプレッサやポンプなどの機械が無く、原理的に故障や事故を起こしにくい構造です。また冷媒使用のため冬季の凍結によるコイルバンクの心配がありません。

ピックアップコンテンツ