空気調和機(AHU)
システム
アンダーフロア空調システム

OAフロアを利用した、快適で経済的な床吹出し空調システム。

アンダーフロア空調システムは、OAフロア内のワイヤリングスペースと空調用サプライエアダクトを兼用させた、新しい発想から誕生しました。気流の方向や空気量が居住者の好みに合わせられ、パーソナル空調が可能。

利用施設

  • オフィス

特徴

  • OAフロア内のワイヤリングスペースを空調ダクトと兼用して活用
  • 居住者の快適性に合わせたパーソナル空調を実現

一層の省エネルギー化を推進

OAフロア下のスラブは躯体蓄熱し、翌日のウォームアップを助け、その分省エネルギー化がはかれます。

天井ダクト工事が不要

これまで空調システムに不可欠だった天井内ダクト工事が不要なため、多少でも階高が下げられます。

理想的な居住空間を提供

全面が輻射パネル、パネル上部にスリット型ディフューザを配した理想的な居住空間を提供します。

結露の心配は不要

設定室温26℃湿度50%だと露点温度は14.6℃のため、吹出空気温度18℃では、輻射パネル躯体の結露に対して心配はありません。

アンダーフロア空調システムの仕組み

ピックアップコンテンツ