空気調和機(AHU)
システム
排煙兼用空調機

空調設備と機械排煙設備を兼用し、面積効率と緊急時の信頼性を向上します。

排煙設備は火災時のために装備しなくてはならないものですが、緊急時にのみ稼働するにもかかわらず、機械室内で大きな設置スペースを使用します。また、平常時に稼動していないため、万一の際の稼働確認がしにくいという問題がありました。排煙兼用空調機は、こうした問題を解決する方法として日常使用している空調設備と排煙設備を兼用するという発想から誕生しました。空調設備と機械排煙設備を兼用することで、機器とダクトの面積効率の向上と、日常使用しているため緊急時の稼働確認がつねに行えます。

特徴

  • 平常時に使われない排煙のためだけの排煙設備スペースを節約
  • 空気調和機はつねに稼動しているため、緊急時の信頼性を向上

平常時と火災時の空気の流れの変化

ピックアップコンテンツ