空気調和機(AHU)
構成部品
風量制御装置

快適性と省エネルギー性を両立した、多彩な風量制御装置をラインアップ。

特徴

快適性と省エネルギー性を両立した、多彩な風量制御装置をラインアップ

インバータ制御方式

インバータ制御方式は、周波数を制御することによって、モータ回転数をコントロールする方式です。そのため、あらゆる方式の空気調和機に取付け可能で、きわめて有効な省エネ性を発揮します。新晃工業では、このインバータ方式として、VAVユニットの動作状態信号タイプを用意しています。VAVユニット(STU型)のダンパ状態信号のON-OFF状態により送風機回転数をインバータにより制御し、必要最小動力状態に維持します。なお、小型コンピュータを内蔵したICU-5型も用意しています。

インバータ制御システム例

スクロールダンパ方式(シロッコファン内蔵の空気調和機専用)

吐出風量を任意に設定でき、負荷に応じて室内への送風量と空気条件をある程度調節できます。また、設計時のオーバデザイン調整も容易。
とくに別個にダンパを使用して調整する場合に比べ、圧損の増加がありません。風量制御で騒音の発生を抑えた運転が可能です。

スクロールダンパ構造

風量制御方式別消費電力比較

各種方式の比較

方式名制御箇所(構造)メリットデメリット
吐出ダンパ方式送風機吐出部
ダクトダンパを設ける
1.手軽に行える
2.安価である
1.動力節減率が低い
2.大きな初期圧損がある
スクロールダンパ方式ケーシングのスクロール部の形状を変化させる1.スクロールダンパ全開時での初期圧損が少ない
2.風量減少時の動力節減がすぐれている
3.風量減少時の騒音低減が大きい
4.比較的安価である
5.低風量時でもサージングを起こさない
空調機サイズが多少大きくなる
静圧制御によるインバータ方式モータ部
静圧の変化によりインバータを制御
1.風量減少時の動力節減が非常に大きい
2.フィルタ、コイル、エリミネータなどの抵抗が低減すれば風量が一定でも動力節減が可能
差圧検出位置の選択が難しい
VAV状態信号制御によるインバータ方式モータ部
VAV状態信号を利用してインバータを制御
1.風量減少時の動力節減が最も大きい
2.VAVシステムが常時、最小動力状態で安定して運転される
3.比較的安価である
4.計装工事がほとんど不要

ピックアップコンテンツ